スタッフ紹介

院長:佐々木 謙(ささきけん)

院長:佐々木 謙(ささきけん)

出身
奈良県奈良市
趣味・今ハマってること
登山
資格
鍼師 灸師 全国マッサージ協会正会員 フィットバランス療術学院卒業

日本人の卓越した技術・心配りを世界へ届けたい、それが私のテーマです

柔道や日本食はいまや世界標準となりました。また日本の野球もメジャーリーグで認められつつあります。しかし、日本の治療となるとまだまだ普及というわけには行きません。
潜在的には日本人施術者に施術を受けたいという外国の方は多いにもかかわらずです。 日本人には卓越した治療の技術と器用な手、そして患者さんに対する心配りや思いやりの心があります。これらを日本以外の国や地域に普及していくべきだと考えています。
そのためにも、今や国内にコンビニと同等数ある治療院業界の過当競争は避けて、無限の可能性のある海外へと、施術家の心を向ける必要があると思っています。 そのために私は何ができるのか?これは今後の私のテーマです。

 

世界一周旅行でのメキシコでの出来事が治療家の門をたたくキッカケに

世界一周旅行でのメキシコでの出来事が治療家の門をたたくキッカケに

世界一周旅行中に滞在したメキシコで日本人の鍼灸師に出会いました。
その鍼灸師の施術で体が改善して喜ぶメキシコ人の様子や、遠く日本から離れたメキシコの地で日本人の鍼灸師が絶大な信頼を得ている光景に、私は心を動かされました。

じつは彼らは、日常はメキシコシティで治療院で商いをする傍ら、病院や学校、電気、水道、ガスなどのインフラ施設が一切ない原住民が生活する村へ行き、ボランティアで施術をしていることを後になって知りました。

原住民の方々に治療をして、相手から頂く「笑顔」こそが彼らの報酬でした。そんな貴重な出会いの数々によって、私のは「治療家」を志すようになったのです。

治療家になる決意した私は、急遽、日本に帰国しました。鍼灸師になるためには鍼灸学校へと進み、国家資格を取らなくてはなりません。鍼灸学校での3年間では、ハリの打ち方やツボの取り方などの東洋医学の勉強から解剖学から生理学、リハビリテーション医学、病理学、臨床医学各論など、医師、看護師、理学療法士が学ぶべき西洋医学のベースとなる知識を3年間、しっかりと学びました。

いざ、実戦へ。 『とにかく治せる人間になりたい!』この一心に、日中は新宿にあった大久保クリニックのリハビリテーション部門で施術をし、夜は歌舞伎町近郊のマッサージ店で施術をして、週末は千葉県の市原市にある有名な石原鍼灸院まで修行をして、休日は神田の古本屋街で治療の本を漁り、人生のすべてを治療に捧げる幸せな時間を過ごしていました。

そして、ようやく横浜にある老舗の訪問鍼灸マッサージ院に就職しました。訪問鍼灸マッサージの患者さんは歩行困難な方が対象となっています。それゆえに、これまで私がみてきたどの患者さんよりも悩みが深い方ばかりでした。治療技術だけではどうしてもあげられないことを知りました。

患者さんの中には24時間、痛みや痺れなど症状で苦しんでいる方もいました。また寝たきり状態となって、自由に自分の行きたいところにいけず、また会いたい人にも会えないという状況で生活されている方もいました。

彼らの気持ちをすべて理解してあげることは他人である私にはできません。しかし、すこしでもその患者さんの気持ちに近づき、共感してあげる。そして、患者さんが今望んでいることに対して少しでも協力させて頂くことが大切だと学びました。

どうすれば、もっと患者さんに笑顔になってもらえるだろうか…そのことを追求したい思いで、風の谷の治療院を立ち上げました。

治療より大事なのは患者さんの気持ちを理解してあげること

治療家になる前はただ症状の改善をすれば患者さんには納得してもらえると考えていました。 しかし、治療家となって施術せていくうちに、施術だけではなく、少しでも患者さんの気持ちを理解してあげて、共感してあげることこそが大切であることに気づきました。

治療家として印象に残った出来事

治療家になって嬉しかったことは、治療家の駆け出しの頃、母親にマッサージをして「楽になった…」と喜んでもらったことですね。
今でも、あの時の喜びが私の原点です。
治療家になって悔しかったことは、まだ、治療家して経験がなかったころ、自分では万全に治療が出来て、満足していただいたと思っていたのに、あとになって、患者さんから、施術後症状が悪化したとクレームを頂いたのことです。その方には本当に申し訳ないを思いながらも、人間の体の奥の深さや難しさ、自分の勉強の足りなさなどたくさんのことを学ばせてもらった苦い経験でした。

 

訪問マッサージを検討されている方へ

「毎日の健康は笑顔から」をモットーに掲げ、日々施術に取り組んでいます。 ところで、毎日の「笑顔」と「健康」には密接な関係があるということをご存知でしたか?

じつは最新の遺伝子工学で、遺伝子には「ON」と「OFF」のスイッチがあることがわかってきたんですよ。 つまり患者さんの「治りたい」、「良くなりたい」という前向きな気持ちや、「笑い」や「笑顔」、「楽しい」などのポジティブな感情が、遺伝子レベルで「ON」のスイッチを入れ、その後の病気の経過に大きく影響することが多くの臨床結果からわかってきました。

現在、「笑い」という要素を医療の現場に取り入れる医師も現れてきているくらいです。 私たち風の谷の治療院は患者さんの「すこしでも良くなりたい」、「毎日笑って過ごしたい」という気持ちこそが様々な病に苦しむところから回復するためにはもっとも大切と考えています。 日々励ましあい、施術者と施術を受ける側の双方で、患者さんの目標を実現できることを慶びとして日々施術に取り組んでいます。

まずは、できることからコツコツと…私たちと一緒ににやっていきましょう!

松島圭佑(まつしまけいすけ)

松島圭佑(まつしまけいすけ)

出身
生まれも育ちも茅ヶ崎です。
趣味・今ハマってること
ロードバイク 土日の合わせて100kmは自転車に乗ります。
資格
あんま マッサージ 指圧師

夢やこれがやりたい!ということがあれば教えてください。

患者さんを安心させてあげられる先生でありたいです。 プライベートではシェアハウスをして 友達と一緒に住み みんなで料理して 楽しく過ごせたらいいなというのが最近の夢です。

 

治療家を志したきっかけは何だったのですか?

高校生時代器械体操をやっていて、その頃身体の怪我が多く、鍼灸の治療院にお世話になっていて、 その先生に進路の事を相談したら 「進路決まってないならこの職業どう?」 といわれ じっくり先生をみてたらかっこいい職だな、と感じ、この仕事を志しました。

 

治療に対しての想いを教えてください

根底にあるのは安心させるという思いです。 やはり患者さんは色々な方がいます。 片手片足上手くうごかせない方・立ち上がるのが困難な方長時間は歩けない方・バラバラな症状な方に自分は何が出来るかと考えたら 安心させるというのが自分のやるべきことだと思い。 どんな方にでも安心してもらえる先生になりたいと思っております。

 

訪問マッサージを検討されている方へ

当院は、 患者さんに合わせてのオーダーメイドの治療なので 一人一人お身体に合う施術を行っております。加えてストレッチも行っており、膝の調子が良くなった、痺れが少し取れたなど、患者さんからの声も沢山頂いております。初回はじっくりお身体の事を聞かせていただいてから治療に入るので、安心して治療を受けていただけると思います。お身体でお困りのとこございましたら是非お電話ください。お待ちしております!

0120-512-517

0120-512-517
メールでのご予約はコチラ
受付時間
9:00~19:00
定休日
日曜日・祝日

〒244-0817神奈川県横浜市戸塚区吉田町1868―37
JR東海道線・JR横須賀線・ブルーライン「戸塚駅」から徒歩7分