痛みがあるためにリハビリが進められない場合の対処(1)

風の谷治療院・在宅リハビリ・脳卒中後の痛み

在宅の現場でリハビリが進まない大きな原因となっているのは、「脳卒中後の痛み」が見られる場合が多いのです。

まずは痛みの原因を考えることが大切!

痛みの原因を考えることが大切!

脳卒中後の痛みの原因は様々あるのですが、はじめに痛みのタイプに分けて考えるとわかりやすいです。

1、解決しやすいタイプの痛み

2、解決しにくいタイプの痛み

1、解決しやすいタイプの痛みの原因は

「廃用や誤用による痛み」「痙性麻痺(つっぱり麻痺)」による痛みの2つを考えます。

・廃用による痛みは、脳卒中後の過度の安静や運動不足によって、末梢循環がわるくなってしまったり、関節周囲の軟部組織が線維化し、拘縮してしまうことが原因となります。

・誤用による痛み脳卒中の急性期の暴力的関節可動域訓練による関節周囲の微細な損傷によって、おもに方から腕にかけて生じるもの(肩手症候群)のことです。在宅リハビリは慢性期の方が対象ですので、廃用による痛みだけを考えれば良いでしょう。

・痙性麻痺(つっぱり麻痺)は、弛緩性麻痺(だらり麻痺)と並ぶ代表的な脳卒中後の麻痺で、筋肉が過緊張の状態となっており、このことが痛みの原因となることがあります。

2、解決しにくいタイプの痛みの原因は

・「視床痛」といわれる難治性の痛みで、半身すべてに及ぶ感覚障害と耐えがたい痛みが特徴です。体幹よりも手足などの四肢、特に前腕から手にかけての痛みが強く、ジリジリ、ビリビリする灼熱痛や、刺すような、締め付けられるような痛みです。怒りなどの感情の高ぶりでも痛みは増強し、風が当っただけでも激痛が走る場合もあります。

視床痛は、脳の痛み刺激の中継場である視床という部分に、脳卒中による障害が及んだ時に出ます。また、脊髄から脳に至る、痛みの通り道である、痛覚伝導路が障害され、痛み刺激が脳まで伝わらない状態になった時も同様の痛み(求心路遮断痛といいます)が出現することがあります。実際には典型的な視床病変による痛みだけでなく、求心路遮断痛全般を視床痛と呼んでいます。

まとめ

【脳卒中の痛みを分類する】

①解決しやすい痛み

・廃用や誤用による痛み

・痙性麻痺(つっぱり麻痺)による痛み

 

②解決しにくいタイプの痛み

・視床痛、求心路遮断痛

まずは、「痛みの原因を考え、それから作戦を考える」という姿勢がよいと思われます!

訪問マッサージ・リハビリ・風の谷の治療院・脳卒中後の痛み

あなた もしくは あなたのご家族 は、 今、こんなことでお困りではありませんか?

  • 体の不自由な家族に何か施術を受けさせたいが、外に出ることが難しい
  • 痛みや麻痺が辛いけど、施術が高額なので継続ができない
  • リハビリが必要なのは分かっているが、介護保険の枠が足りない
  • 退院後、しばらく病院でリハビリをしていたけど、打ち切られてしまった
  • このまま体が動かなくなっていくのではにないかと常に心配でゆううつ

もう心配は無用です!!当院の訪問マッサージ・鍼灸で、 充実した施術・リハビリを受けて頂くことで、このお悩み全てを解決します!

「自分に合うのかな?」「何となく不安…」 と感じているあなたへのご提案 1日2名様まで限定!料金は一切かかりません!当院の無料体験を一度受けてみませんか?

どれだけ優れた施術であっても、健康保険が適用できても、1度施術・リハビリを受けてみないことには、 「自分に合うのか」「料金を払う価値があるのか」などの不安は消えないと思います。

そこで、当院では訪問マッサージ・鍼灸を受けようか迷っている方へ、無料体験をご用意しました。
ぜひ一度当院のサービスを受けてみてください。「受けてみてよかった」と言って頂けるよう、全力であなたをサポートし「自分で出来ること」を少しずつ取り戻していただきます!

無料体験を受けて頂くまでの流れ

1 電話受付 電話にてお気軽にご相談ください。0120-512-517 電話受付時間: 9:00~19:00(休業日/日曜・祝日)

2 相談 在宅はり灸・マッサージを受けるためのお手続きの 詳しいご説明に相談員がご家庭にお伺いします。 (同時に同意書もお渡しします)

3 無料体験はり灸・マッサージ  実際にどんなはり灸またはマッサージをするのか 1度体験していただきます。 ※お試しの施術時間は1回20〜30分です。

0120-512-517

0120-512-517
メールでのご予約はコチラ
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜日・日曜日

〒244-0817神奈川県横浜市戸塚区吉田町1868―37
JR東海道線・JR横須賀線・ブルーライン「戸塚駅」から徒歩7分