骨粗しょう症による痛みを緩和させる方法とは

骨粗しょう症による痛みを緩和させる方法

骨粗しょう症による腰椎圧迫骨折の後、定期的に通院治療をしている患者さんがいらっしゃいます。

この方が悩んでいる症状は、10分くらい座位をとると腰がつらくなると言うことです、このような骨粗しょう症による慢性疼痛の痛みを緩和する方法はあるのでしょうか?

骨粗しょう症は本当に痛いものなのでしょうか

実際の患者さんの声として「骨粗しょう症による痛み」という言葉を頻繁に耳にすることがあります。ところで、骨粗しょう症自体、本当に痛みを伴うものなのでしょうか?

骨粗しょう症とは?

骨粗しょう症とは?

「骨粗しょう症」とは「骨のカルシウムの量が減るために、骨の内部の密度が減り、骨がもろくなり骨折しやすくなるという病気」です。

つまり、骨粗しょう症自体は痛くはないのです。

今回のケースに関しては、骨粗しょう症による腰椎圧迫骨折の痛みが数年続いているということですが、通常圧迫骨折は2~3か月で変形を残して治癒しますので、数年間痛みの原因になり続けていることは考えにくく、まず「なぜ痛みがあるのか?」ということを今一度考えてみる必要があるのです。

骨粗しょう症が痛みの原因にされやすい背景にはこのような要因が想定できます。

骨粗しょう症と一度診断されてしまうと、患者さんや介護者は痛みの原因はすべて骨粗しょう症によるものだと思い込んでしまい、リハビリスタッフが訪問した際にも、「骨粗しょう症による痛み」だということを伝えます。

リハビリスタッフもそのうったえを鵜呑みにしてしまうことで、「痛みがあるのは骨粗しょう症によるもの」という固定観念が生まれてしまいます。

まとめ

骨粗しょう症による腰椎圧迫

今回のケースは、昔の腰椎圧迫骨折により背骨(胸椎と腰椎)の変形が高度になりさらに加齢により背骨を支える腰背筋も筋委縮したため、在時間を少しずつ長くしていくリハビリをすることによって、腰椎の矯正と腰背筋の筋力アップができ、症状が改善するかもしれません!

またいわゆる慢性疼痛は、認知症やうつ病などの精神疾患や介護者との人間関係が背景にある可能性もあります。

「骨粗しょう症による痛み」と聞いたら、うのみにせずに、「なぜ痛むのか」をもう一度考えてみることが重要です!

あなた もしくは あなたのご家族 は、 今、こんなことでお困りではありませんか?

  • 体の不自由な家族に何か施術を受けさせたいが、外に出ることが難しい
  • 痛みや麻痺が辛いけど、施術が高額なので継続ができない
  • リハビリが必要なのは分かっているが、介護保険の枠が足りない
  • 退院後、しばらく病院でリハビリをしていたけど、打ち切られてしまった
  • このまま体が動かなくなっていくのではにないかと常に心配でゆううつ

もう心配は無用です!!当院の訪問マッサージ・鍼灸で、 充実した施術・リハビリを受けて頂くことで、このお悩み全てを解決します!

「自分に合うのかな?」「何となく不安…」 と感じているあなたへのご提案 1日2名様まで限定!料金は一切かかりません!当院の無料体験を一度受けてみませんか?

どれだけ優れた施術であっても、健康保険が適用できても、1度施術・リハビリを受けてみないことには、 「自分に合うのか」「料金を払う価値があるのか」などの不安は消えないと思います。

そこで、当院では訪問マッサージ・鍼灸を受けようか迷っている方へ、無料体験をご用意しました。
ぜひ一度当院のサービスを受けてみてください。「受けてみてよかった」と言って頂けるよう、全力であなたをサポートし「自分で出来ること」を少しずつ取り戻していただきます!

無料体験を受けて頂くまでの流れ

1 電話受付 電話にてお気軽にご相談ください。0120-512-517 電話受付時間: 9:00~19:00(休業日/日曜・祝日)

2 相談 在宅はり灸・マッサージを受けるためのお手続きの 詳しいご説明に相談員がご家庭にお伺いします。 (同時に同意書もお渡しします)

3 無料体験はり灸・マッサージ  実際にどんなはり灸またはマッサージをするのか 1度体験していただきます。 ※お試しの施術時間は1回20〜30分です。

0120-512-517

0120-512-517
メールでのご予約はコチラ
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜日・日曜日

〒244-0817神奈川県横浜市戸塚区吉田町1868―37
JR東海道線・JR横須賀線・ブルーライン「戸塚駅」から徒歩7分